2019年11月15日

堅あげポテト×サッポロ 麦とホップ 合同ファンミーティングで堅あげポテトと麦とホップを堪能してきました。 #堅あげポテト #麦とホップ #匠と匠のマリアージュ

2019/11/15 恵比寿にてサッポロビールさんとカルビーさんの合同イベント「堅あげポテトサッポロ 麦とホップ 合同ファンミーティング 」に参加してきました。
堅あげポテト 匠の香ばしにんにく味のサイトが公開されました。
https://www.calbee.co.jp/newsrelease/191115.php 
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 21:44|PermalinkComments(0)event | 体験

2019年10月14日

ガンダム・エディションのReno Aceが出るとな #OPPO #OPPORenoAce

Engadget見てたらなんと最近縁のあるOPPOさんからガンダム・エディションなるスマホReno Aceが出るですと!


翔べ! ガンダム・エディションのReno AceがOPPOから登場 RX-78-2カラーリング採用 - Engadget 日本版

3万台が限定生産されるReno Aceのガンダム・エディションは、機動戦士ガンダムシリーズの40周年にちなんだもの。その本体やケース、ケーブル、さらにはパッケージまで、アムロ・レイが操ったRX-78-2(いわゆる初代ガンダム)のカラーリングで揃えられています。

ガンダム40周年?企画はアニメ制作側からあったのかな?こういうのはなんでもアリ的なジオン側のデザイン企画が多い気がするけどまさか初代ガンダムとはちょっとワクワクするw

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 15:27|PermalinkComments(0)にゅうす | モバイル

2019年10月09日

OPPO Reno A のタッチ&トライイベントに参加してきました #OPPO #RenoA #ひかりTVショッピング #0PPORenoA

FullSizeRender

10月8日、ベニーレベニーレ 表参道原宿でひかりTVショッピング、オッポジャパン株式会社さんのイベント、OPPO最新スマートフォンOPPO Reno A体験会に参加させていただきました。


ひかりTVショッピングさんのキャンペーン情報載せてますので、最後までよろしくお願いします。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 11:00|PermalinkComments(0)体験 | モバイル

2019年10月04日

IntelのHoneycomb Glacierに興味津々

この変形ギミック「むっちゃ斬新」って思わず思ってしまいましたw
なるほど、実際これを仕事で使ったら体への負担減るかも。
でも会社のPCって会議室なんかへ持ち運んだりするから毎回自動で同じ角度に展開してくれるか同じ角度にできるストッパーみたいのついてたら幸せになれそうってすぐ自分に当てはめてダメ出ししちゃう
もしくは上のデイスプレイは外れちゃって、下のディスプレイと普段遣いの外付けキーボードでも悪くはないけどねw(それじゃ意味ないか


肩こり無くなるかも! インテルのプロトタイプ2画面PC「Honeycomb Glacier」は上下2画面、角度も自由 | ギズモード・ジャパン

最初見た時は、なんてへんたいてきなんだ! と思ったけど、いざ目の前で触ってみて、画面を見てみると、なるほど。この構造は合理的だ!となってくるんです。 まず、上下2画面が見やすいのは言わずもがな。情報量が多いことは作業効率や体験にダイレクトに影響します。たとえば、ライブストリーミング配信画面とチャット画面を同時に表示したり、ゲーム画面と攻略情報を同時に表示するなどですね。 こうして普通であれば横に2画面の設置スペース&機材が必要な情報が、ラップトップのスペースで上下に配置できるって、これだけでもたいそうな強み。加えて、角度調整できるから見やすい位置でどうぞ!なわけです。長時間向き合うことを考えたら、その方が視点移動も少なく、疲れにくいことは確実。首や肩への負担もずっと減りそうじゃない?


Screenshot from 2019-10-04 13-51-03



このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 14:06|PermalinkComments(0)PC | たわごと

2019年09月12日

TouchFocus™ すごい!


TouchFocus™ すごい! まさに今欲しい...けど値段考えるとメガネ2つ持ちで我慢できちゃう。
早く価格がこなれて誰でもこれ一本買ったほうが絶対いいってなる世の中が来てほしいなぁw


電子技術がリーディンググラスに起こした大きな「革命」|LEXUS ‐ VISIONARY(ビジョナリー)

このメガネのフレームのモダン(先セル)部分には充電式の小型バッテリーが内蔵されていて、正面から左側のテンプルにタッチセンサーがある。そして、このセンサーに触れると、レンズに電気が流れ、レンズの中央部に突如、楕円状の広いリーティングゾーンが出現する。そのため、一般の累進メガネのように視線を下げなくても自然な姿勢で近方を快適に見ることができる。 この驚きの機能の秘密が、世界で唯一、三井化学が開発した液晶レンズ。レンズの一部、中央から下の部分に楕円状に液晶が封入されていて、タッチセンサーでスイッチをオンにするとこの液晶の屈折率が変わる。すると、液晶とレンズ素材の屈折率の違い、そしてレンズ素材に作り込まれた回折構造により、液晶が封入されたそのエリアだけが近方を見るのに最適な度数になる。 だがスイッチがオフの時は、中間距離、遠方を重視した設計のレンズに戻るので、視野も広く歪みも少ない、自然で快適な視界が楽しめる。スタイリッシュなメガネが、スイッチオンで突如リーディンググラスに変身するのだ。




このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 11:30|PermalinkComments(0)物欲 | ちゅうもく

2019年08月29日

NVIDIA GPUのドライババージョンとDocker Imageの中のCUDAバージョンの関係について

Ubuntu 環境での備忘録.

NVIDIA の GPU を積んでいるとドライバのバージョンと CUDA のバージョンが揃わず難儀することが多い.
特に Docker イメージに何を使えば...みたいな話になる.
今回はそんな話.

ハマったのは TensorFlow Docker Image を使おうとした時でした.
ここにある Docker Image を GPU タグ付きで動かしたところどうやら GPU が見えていないということに気がついてしまいました.
というわけで tensorflow/tensorflow を確認すると...

ARG UBUNTU_VERSION=18.04
ARG ARCH=
ARG CUDA=10.0
FROM nvidia/cuda${ARCH:+-$ARCH}:${CUDA}-base-ubuntu${UBUNTU_VERSION} as base
# ARCH and CUDA are specified again because the FROM directive resets ARGs
# (but their default value is retained if set previously)
ARG ARCH
ARG CUDA
ARG CUDNN=7.6.2.24-1

という記述に.
つまり CUDA のバージョンは 10.0 でイメージがビルドされていたようです.

この時, マシンのホストの NVRM version は 395 で, 使える CUDA version は 9.2.
なので Dockerfile の CUDA を 9.2 でビルドするか, GPU のドライバを 10.0 が使えるものにバージョンアップするかの二択でした.

Dockerfile のリビルドは面倒だったので自分は後者を選択しました.
まず, 利用可能なドライバのバージョンをチェックします.

$ ubuntu-drivers devices
== /sys/devices/pci0000:16/0000:16:00.0/0000:17:00.0 ==
modalias : pci:v000010DEd00001B06sv00001043sd000085E5bc03sc00i00
vendor   : NVIDIA Corporation
model    : GP102 [GeForce GTX 1080 Ti]
driver   : nvidia-driver-415 - third-party free
driver   : nvidia-driver-410 - third-party free
driver   : nvidia-driver-430 - third-party free recommended
driver   : nvidia-driver-390 - third-party free
driver   : xserver-xorg-video-nouveau - distro free builtin
今回は CUDA versin が 10.0 にしたかったので nvidia-driver-415 を選択し, apt install しました.
そしてちゃんとインストールできているかチェック.
$ nvidia-container-cli info
NVRM version:   415.27
CUDA version:   10.0

Device Index:   0
Device Minor:   0
Model:          GeForce GTX 1080 Ti
Brand:          GeForce
GPU UUID:       GPU-ae5034ee-e52e-37ad-d2b4-19d473f0aeb0
Bus Location:   00000000:17:00.0
Architecture:   6.1

Device Index:   1
Device Minor:   1
Model:          GeForce GTX 1080 Ti
Brand:          GeForce
GPU UUID:       GPU-210053a3-dbbf-dba5-dca5-5d7e15405c41
Bus Location:   00000000:65:00.0
Architecture:   6.1
どうやら目的が果たせる状況になったようです.
というわけで仕上げとして TensorFlow Docker Image を動かして GPU が使えるようになっているか確認です.

以下のキャプチャのように無事 GPU にアクセスできるようになりました.

Screenshot from 2019-08-29 17-49-27




このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 17:57|PermalinkComments(0)linux | 対策

2019年08月28日

snapパッケージ・アプリで印刷できないときやってみたこと

備忘録です。

ubuntuなどで最近snapでパッケージ化したアプリをよく見かけます。
そういうsnapパッケージ・アプリで印刷をしたい時に印刷メニューを見るとホスト上のubuntuから見えているプリンタが見えないときが有ります。
そういう時は以下のコマンドを試してみると良いです。

今回はbraveブラウザーで発生したので次のようにコマンドを入れました。

sudo snap connect brave:cups-control :cups-control

これでwebページの印刷ができるようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 12:05|PermalinkComments(0)linux | 対策

2019年08月21日

パノラマ撮影を自動で行える「ZenFone 6」 #ASUS #ZenFone6 #フリップカメラ

たしかに自分でスイングするより自動で同じ速度でFlipさせるこのZenFone6のやり方は理にかなっているなぁ。これが正解かもw


性能の割に安い「ZenFone 6」で起死回生を図るASUSの狙い:週刊モバイル通信 石野純也 - Engadget 日本版

カメラがモーターで動く仕掛けを利用し、パノラマ撮影を自動で行う機能も搭載しました。スマホでのパノラマ撮影は、ユーザーが自ら端末を動かすスタイルが一般的ですが、それだとどうしても速度が一定にならず、合成に失敗してしまうことがあります。モーターでカメラを回転できるZenFone 6では、その問題を解決。端末を固定しているだけで、キレイなパノラマ写真を撮影できます。実際、筆者も展示会場にあった実機でパノラマ写真を撮ってみましたが、他のスマホと比べると操作が簡単。ダイナミックな写真を撮るには、うってつけの端末といえます。「カメラを収納する」という仕掛け自体は、OPPOなどのスマホでもおなじみですが、基本は上下に動くだけ。パノラマ撮影は、ZenFone 6の機構をうまく生かした機能といえます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 13:01|PermalinkComments(0)モバイル | ちゅうもく

2019年08月20日

「PRO TREK Smart」シリーズの新モデルとして、心拍計測機能を搭載した「WSD-F21HR」を9月13日に発売 #プロトレックスマート

ほぼ完成形⁈ 電池持ちは使ってみないと何もしない時は現状これくらいか。後は非接触の支払いに対応したら完全にApple Watch引退できるのになw


カシオ、心拍計測に対応した「PRO TREK Smart WSD-F21HR」 - トラベル Watch

 カシオ計算機は、Wear OS by Googleを搭載したアウトドア向けのリストデバイス「PRO TREK Smart」シリーズの新モデルとして、心拍計測機能を搭載した「WSD-F21HR」を9月13日に発売する。価格は5万6000円(税別)。  WSD-F21HRは、高耐久(5気圧防水、MIL-STD-810G準拠)でGPS機能やアウトドア向けの各種アプリが利用できるといった同シリーズの特徴に加え、新たに心拍計測機能を搭載したモデル。背面に搭載された光学式センサーにより心拍計測を行なう。  センサーで計測した心拍情報は5段階の心拍ゾーンで視覚的に表現され、効果的なトレーニングに役立つ。新たなアクティビティとして「ランニング」「トレイルランニング」が用意され、表示エリアの上段・中段・下段を好みに応じてカスタマイズできる。
参考

Wear OSの「Google Pay」は日本でも利用できるようになるらしい https://jetstream.bz/archives/76960



このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 18:38|PermalinkComments(0)物欲 | モバイル

2019年07月03日

OPPO『Reno 10x Zoom』タッチ&トライ】sponsored by ひかりTVショッピング ユーザーイベントでスマホなのに光学ズーム10倍、を体験してきました。

FullSizeRender

7月3日、六本木アカデミーヒルズで【OPPO『Reno 10x Zoom』タッチ&トライ】sponsored by ひかりTVショッピング ユーザーイベントに参加させていただきました。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 21:33|Permalink体験 | モバイル