2004年07月25日

おまえら何様、と最近良く思う

N@Blog: 音楽業界の現時点での本音(東芝EMI)
日本の音楽配信サービスはDRMの制限がきついが、iTunesのようにゆるやかなDRMでの提供はできないのかという質問については、山崎氏はDRMは当然必要なものではあるが、ガチガチにしてしまえば利用者には支持されず、現状では楽曲を提供する側と利用者の双方が納得できる点はどこにあるのかを探っている段階だという見解を示した。また、米国ではフェアユースの考え方が根付いているために、CD-Rメディアへの書き込みなどもゆるやかになっているが、日本では現時点ではこうしたバックアップを認めるスタンスにはないとした。
「ガッチガチなんて分かってますって」というところだろうか。米国ではフェアユースの考えが根付いているというのが意味不明(米国は違法配信の規模も大きいので、そんなことはないだろうよ)。音楽ファンが欲しているのは、音楽の楽しみ方を限定する方法ではない。エアチェック、ウォークマンの出現、 MD、 DVD、 Napster 、そして iPod 。これまで以上に音楽を楽しめる、音楽に夢中になれる方法を欲している。まぁ、企業が新しい手法にチャレンジするには既存ビジネスがある程度、追い込まれないといけないのかもしれない。それは音楽業界に限ったことではないけど。
 消費者は買う行為に対してどこまで売り手の押し付けを甘んじて受けねばならないものなのであろうか?
 最近のCCCDやDRMの話では明らかに押し付け、「お前らに売ってやっているんだぞ」という強気の態度が見えているように思う。
 立場の弱い消費者にとって採れる方法は不買しかなく、このままでは明らかに負のスパイラル現象を引き起し(というかすでになっている)、双方共倒れで音楽の流通は昔の時代にまで戻ってしまうかも。
 音楽の場合、売り手の判断の根拠は売り上げみたいだが、音楽は常にCDを買い続けて聴くものなのだろうか?
 好きな曲の場合何回でも聴く。また、昔好きでもなかった曲でも心境によっては後から好ましくなり何回も聴くようになる。そんなこんなで溜まったCDは何百枚もあり、一日のうち何分かは取れることもある音楽に精神を傾けて聴く時間では、十分すぎるストックを個人で持っている。
 その少ない時間に新しい曲が入ってくる場合、DRMなどによって視聴形態を売り手によって制限されたのでははっきり言って曲の魅力も半減、持っている好みの曲で十分、なんて事になりそう、というかすでになっていて、新譜は子供向けのCDばかり。従来の権益を守ることに必死になるのは理解できるが、それが一方的なものではそっぽを向かれるばかりだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 20:00|PermalinkComments(0)ぶろぐ 

お祭り

『iPod mini』販売開始! 猛暑のなか“アップルストア銀座”に約1500人の列
前刀氏は長蛇の列を見ながら「予想以上の大成功だ」と満足げ。「米国での人気色は、シルバーとブルー。日本でも同じようだ」とコメントした。「今回の製品はソニー(株)の製品と比べられることが多かったが…」との質問に対し、氏は「我々は(収録できる曲数という)数のギミックだけで勝負するつもりはない」としてiPodとiTunesの使い勝手の良さをアピールした。iPod miniがMDユーザーもターゲットにしていることに関連し、ソニーがHi-MDもアピールしていることについて聞くと、「ソニーはハードディスクウォークマンやHi-MDなどいろいろ宣伝しているが、究極の1台がない」と強気のコメントをした。
 iPodやらminiやらいろいろ出していることは棚上げだろうか。HDDの種類が違えば記録メディアとしては異なっていると思うのだが。とソニーをちょっと応援。究極の1台がないからiPodも新製品が出すのだろうけどね。でもソニーもVAIOやウォークマンで同じようなの出して迷走しているからなぁ。
 揚げ足取りそれくらいにして、まぁ、miniはともかく新しいiPodは欲しくはある。購入に踏み切れないのは割引で安くならない価格なんだよね。デザイン我慢できれば出費抑えられるのわかっているからなぁ。
 というわけでいつまでも新しいの買えない(泣)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 16:30|PermalinkComments(0)にゅうす 

コンセプト機はコンセプトを主張する処が合っている必要があるのでは

会場で見つけたコンセプトモデル――魔法使いの杖型、ブーメラン型ほか
  • ホログラフ機能によって、球体の部分に通話相手の顔などを表示できる。いわば、本物(!?)の魔法の杖だ

  • 「ブーメランのように飛ばして、小鳥の視点で空撮できます」(説明員)というユニークな機種
 おもしろそう...ではあるがちょっとコンセプト機どまりになりそうですな。空撮するのに電話投げるかなぁ、という点がね。まだカメラだけの方が安心して空撮できそうっていう感じ。
 魔法使いの杖は、杖を手放せない人にはいいかもね。でも普通の状況では邪魔だろう。
 まぁ、そういうことも含めて市場に判断をしてもらうために、失敗を恐れず限定販売して欲しいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 16:11|PermalinkComments(0)にゅうす 

スピルバーグ監督の野望

米映画製作2社など、日本アニメを実写映画化
米映画製作のドリームワークスとパラマウント、米玩具大手ハスブロの3社は共同で、日本の人気アニメの実写化に乗り出す。映画化するのは車や飛行機など身近な乗り物がロボットに変身し悪と戦う「トランスフォーマー」。ドリームワークスのスティーブン・スピルバーグ監督が制作総指揮を執る。公開は2006年夏に予定。
 スピルバーグがトランスフォーマーかぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 15:56|PermalinkComments(1)にゅうす 

2004年07月24日

しっくり感

hirolog:PIMツールとPIM利用者のレベルのギャップが「しっくり感が足りない」を生む
PDAのPIMを使っていて、しっくりこない場合があるが、これは、PIMツールとPIM利用者のレベルのギャップが原因である。

例えば「このPIM、何か役不足だなあ」とか「機能が足りないなあ」と思う場合は、PIMツールがサポートするユーザ層が、利用者のユーザ層より低い場合である。
また「使っていて何か重たいなあ」とか「こんな機能使わないから要らないのに」と思う場合は、PIMツールがサポートするユーザ層が、利用者のユーザ層より高い場合である。このような利用者は、より低いユーザ層をサポートするPIMで十分である。
 PIMだけでない問題ですね。マッチング問題は全ての分野に渡って存在している、という話も聞きます。
 と、前置きはこれくらいにしておいて、自分の場合PIMに求めるモノは外部記憶と予定時間を教えてくれる、の2点です。この機能がないPIMはなさそうだから自分は後者でしょうか。でも重たくないし、よけいなことをされない限りは機能がいらないなどとは思わないんですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 01:16|PermalinkComments(0)ぶろぐ 

未来日記ならぬ未来ブログ

れんほうの日記:=== 今回の選挙について(3) ===
2004年07月29日

=== 今回の選挙について(3)===
 これって...わざわざ投稿したBlogを編集したのでしょうか?
 すみません単なる茶々です

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 00:28|PermalinkComments(0)たわごと 

2004年07月23日

遠い過去

Go'in☆MyWay BlogSide 園田健一ファンブログ: ジャレコ、「アイドル雀士スーチーパイ」のiアプリ
スーチーパイ」もいつかは出るだろーとは思っていましたが、写真を見る限りではほとんど完全移植って感じです。
 スーチパイって脱ぐやつだっけ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 22:03|PermalinkComments(3)たわごと 

MSを風刺する動画

リンドウズ、『ドアーズ』の曲でMSを風刺する動画掲載
米リンドウズ社は19日(米国時間)、米マイクロソフト社を痛烈に風刺する動画『ラン・リンスパイア』をウェブサイトに掲載した。1960年代に一世を風靡したロックバンド『ドアーズ』の名曲『ハートに火をつけて』(Light my Fire)の替え歌が流れるアニメーションで、「今こそMSに火をつけろ」などと連呼している。
 風刺となっているが、どう見ても直接攻撃してはいまいか。もともとの歌にその意味があるならともかく、替え歌は「かこつけ」ではない気がする。

 ふうし 【風刺/▼諷刺】 (名)スル
 他のことにかこつけるなどして、社会や人物のあり方を批判的・嘲笑的に言い表すこと。 三省堂提供「大辞林 第二版」より


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 20:33|PermalinkComments(0)にゅうす 

ドン・キホーテ・ミッション

地球接近小惑星の脅威に備えるESAのドン・キホーテ・ミッション
 地球接近小惑星に関する諮問委員会がESA(ヨーロッパ宇宙機関)に対して6つのミッションを提唱し、一連の研究と開発の重要性を訴えた。なかでも、ドン・キホーテ・ミッションと名づけられた計画では、直接小惑星に宇宙船を衝突させてその軌道を変えようという試みが提案されている。

 6つのミッションのうち、3つは地球接近小惑星検出のための観測で、残る3つは小惑星とのランデブーを目的としたものとなっている。諮問委員会が重要視しているのはランデブー・ミッションで、そのなかでも特に重要とされるのがドン・キホーテ・ミッションだ。
 お、名前はともかくSFチックなプロジェクトだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 18:15|PermalinkComments(0)にゅうす 

結構な量の情報をPCに溜め込んているのについググってしまう

ユーザーが望む検索をバックグラウンドで行なう「blinkx」が正式公開
Webサイトを読んでるとき、特定のことを調べたくなった場合には言葉や段落を選択するだけでblinkxが自動的にその検索を開始する。ユーザーが何を欲しているかをバックグラウンドで学習し続けるという点がblinkxのまったく新しいところと言える。

 タスクバーに常駐しているblinkxをクリックしてクライアントを起動することで、能動的な検索を行なうことも可能だ。ここではインターネットのWebサイトやニュースだけでなく、ローカルハードディスクの中のWord、Excel、PDF、メールなど、200種類以上のメディアタイプの検索を行なうことができる。これによってインターネット、ローカルを問わず、必要な情報を1つの画面で入手するという、このソフトの思想が見える。
 日本語も使えるようになったら、即導入したい。つーか、こういうことできるソフトって今までなかったのかな?
 ま、なんにせよ、はやく日本語で使えるようにしてくれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 13:36|PermalinkComments(0)ちゅうもく