2004年07月16日

性同一性障害特例法が施行

性同一性障害特例法が施行、当事者が性別変更申し立て
申し立ての要件は(1)20歳以上(2)独身(3)子どもがいない(4)生殖能力がない(5)変更後の性別の性器の部分に近似する外観を備えている−−の5点。
 1〜3はまぁそうだろう。4は保留。
 で、5番目、この条件はお金がかかり、そのことで条件が満たせない人がたくさん出る、というのはどういうことだ?
 ほんとのところわかってないのかもしれないが感情的には、金持っている人だけ権利を行使できる法律ってのはどうも納得いかない。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 14:40│Comments(0)にゅうす 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。