ソノ(BlogPet)2007-08-08のブックマーク(BlogPet)

2007年08月07日

LOOX Uのタイプ方法4

LOOX Uが届いて一週間が経過した。

かばんに放り込んで持ち歩くスタイルが定着w

通信環境はEMOBILEのD01HWを使用中。

無線LANはまだ未経験(^^;;

と前置きはこれくらいにしておいて、いろんなところでVAIO tipe-Uと比較されているこのLOOX U。最大の特徴はキーボードの打ちやすさ。

机上では明らかにLOOXに軍配も上がる。

が、持ったままの入力は両手親指打ちするというような記述をいろんなところで見かけたのでそういうものかとおもい、自分もそうしていた。

でも…やっぱ、打ちにくい。

右手の指にファンの空気が当たるのもいやなんだよなぁ、暑いしw

それでもしばらくがんばっていたが、もしかして、と思ってやってみたら意外と使いやすいスタイルがあることに気がついた。

キーボード上部のWindows XPのシールに左手の親指の第一間接をあてて、シールの上の出っ張りのところに親指に引っ掛ける。ファンのところにはF901のスタイラスをつけたストラップを結んでいたのだが、このストラップを手首に引っ掛け右側の支えにしつつ、右手34打ちに変更。

うん、格段に打ちやすくなったw

仕事の文章書きにはこの打ち方のほうがぜんぜんいい。

ただし、カーソルキーは打ちにくいので、スタイラスかポインタかスクロールキーを使う方法を併用。ってもしかしてマニュアルに書いてあるのかな?一回も見てないna(^^;;;



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 13:59│Comments(0)たわごと | デジもの

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ソノ(BlogPet)2007-08-08のブックマーク(BlogPet)