mmm-modeでgccのMD(machine description)ファイルを編集するVirtualBox Port forward 設定

2010年02月09日

unisonでパスフレーズ入れないでフォルダ同期4

unisonでパスフレーズ入れないでフォルダ同期したかったのでmemo

とりあえず、ssh経由でrsyncを使ってバックアップを取っていたが思い立ってunisonで同期したくなった人向けでもあるσ(^◇^;)

と言うわけで、sshでバックアップしていた相手先マシンにパスフレーズなしでrsyncする用の公開鍵を事前につくっておいてそれを利用するという内容

具体的なコマンドは以下。

 $ unison -sshargs '-i /home/USER/.ssh/rsync' \
 > /home/USER/DIRECTORY \
 > ssh://SERVER//backup/DIRECTORY \
 > -batch -fastcheck false [-silent]|<

-silentオプションはcronで実行する時に使うと余分なlog増えなくてよい。

ミソは-sshargs '-i hogehoge'の部分。

最初rsyncのように-sshcmd 'ssh -i hogehoge'とやっても意味なかったのでおかしーなと思っていたら-sshargsというそのものズバリのオプションがunisonにはあったσ(^◇^;)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 09:54│Comments(0)linux | 設定

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

mmm-modeでgccのMD(machine description)ファイルを編集するVirtualBox Port forward 設定