FMV LIFEBOOK AH77/D モニターレポート:ジェスチャーコントロール編モノフェローズイベント:ビクターの3Dムービー GS-TD1 #minpos

2011年07月22日

ロジテックのHDD使ってみたした! LHD-EN2000U2W/LHD-EN2000U3W #minpos

このひと月ほどみんぽすモノフェローズにてHDDを借りていましたので今回はそのレポートです。
つい最近イベントに出かけた時にも紹介されたLogitecのプレミアムシリーズ「凛」 の2TB、USB3.0外付けハードディスクLHD-EN2000U3Wです。
一台だけかなと思っていたのですが、比較用にUSB2.0の同等機LHD-EN2000U2Wもついてきました。
(これって比較しろってことですよね)

というわけで、レビュー開始



イベントレポートの時に
凜ブランドの商品はモノフェローズの会で商品企画が行われたとのこと。この凜ブランドの外付けHDDはネットでしか販売してないけど(大人の事情?w)一年間ずっと楽天で部門トップ、カカクコムでも最近"銀"をとったということで売れてるんだなーと感心。
と書いたけど、最近のHDDってほんと静かだし、外装もPCの隣に野暮ったく置く機械というよりはリビングに置いても違和感ないというのが正直な実感。

USB2.0の LHD-EN2000U2W より USB3.0のLHD-EN2000U3Wはもうたまにコリコリ音するなぁというか耳を近づけないとわからないくらい。リビングでTVにつないで録画するのにも向いてます。

ちなみに自分のPCのはこんなのなので、ファンの音がちょっとした雑音でも隠してしまうのです。sc_SANY0001

が、 LHD-EN2000U3Wとかは派手に光らないアクセスランプ(これは良い)をみないと安心できないくらいの感じ。何デシベルとか測れないので、感覚で言うしかないのがこういう時ちょっともどかしい。

デザインは高級感ありまくりでつやつや
写真に取ると映り込み激しいくらいの鏡面(?)なのでライティングの位置関係では光っちゃって気になるかも。こんな感じで周りの映りこみもバッチリ

sc_SANY0003

そういえば比較用にUSB2.0機も借りたので違いを…ということで写真を。

sc_img_7437
sc_img_7439

 違いはケーブルをつなぐインターフェースだけです。あと電源ボタンが長押しで反応するので、小さい子供のいるリビングとかでも電源いきなり切られちゃうとかなくなりそうで考えられてるなって思いました。

そしていよいよ比較編突入。
ちなみに比較対象にもうひとつSATAでつないでる内蔵HDDも一緒に比べました。(ただし2年くらい前の1TBではじめの頃のHDD)
使ったベンチマークはbonnie++ 1.96
ベンチマークのベースOSはUbuntuのNatty(11.04)。
Sequential アクセスのfile sizeは1GBでやっています。
表中の"na_*"はHDDを直接指定。 "vm_*" はHDDに仮想マシンの仮想DISKを置いて仮想マシンの中からアクセスしています。仮想マシンはOracleのvirtualbox。「+++++」の箇所は早すぎて計測不能だった部分です。

bonnie++を使ったHDD性能対決(1)
nameputcput_blockrewritegetcget_blockseeks
na_usb22438468268643373++++++++++
na_usb32178350888222424++++++++++
na_sata6381157271146712612+++++2654
vm_usb2414370191626718144586415511
vm_usb341370130387841541775522258
vm_sata39368795435811993116276253.8


bonnie++を使ったHDD性能対決(2)
nameseq_createseq_statseq_delran_createran_statran_del
na_usb2633813934983342721293668
na_usb36421160381044241471091760
na_sata528401809961772564434081361305
vm_usb22906655228278631223635831710
vm_usb33070758638386235943640052368
vm_sata3472431536155134686137171007


  • Sequential Output
    • putc : Results for writing a character at a time K/s
    • put_block : Results for writing a block at a time K/s
    • rewrite : Results for reading and re-writing a block at a time K/s
  • Sequential Input
    • getc : Results for reading a character at a time K/s
    • get_block : Results for reading a block at a time K/s
  • Random
    • seeks : Results for the seek test seeks/s
  • Sequential Create
    • seq_create : Rate of creating files sequentially files/s
    • seq_stat : Rate of reading/stating files sequentially files/s
    • seq_del : Rate of deleting files sequentially files/s
  • Random Create
    • ran_create : Rate of creating files in random order files/s
    • ran_stat : Rate of deleting files in random order files/s
    • ran_del : Rate of deleting files in random order files/s
  • これをみると直接使う分にはシーケンシャルアクセスではUSB3.0は2.0にくらべて向上してるし、実際使った感じでも内蔵と比べて違和感感じたりはだいぶなくなった感じ。
    まぁでっかいファイルなどはまだまだ内蔵有利は揺るがずという数値かな
    USB3.0のHDDは、仮想マシン置いて使う分には差が縮まっている。
    なので仕事とかの環境一式を一段落ついたらごっそり仮想マシンにしておく。
    いざとなったらUSB外付けつないで対応するみたな使い方が自分の環境では向いてる使い方かなと思った。
    インターフェース早いのは写真などの保存(バックアップ)とかに使うのはもったいない使い方に感じた。
    TVなどの録画は早いほうがいいのかな?
    うちのレグザはW録画できないのでUSB2.0でも間に合ってる感じ
    というわけで自分の場合仮想マシンの保存に最適!そういう使い方になりそう。

    14450-3321-232804
    14450-3321-232804


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    highfrontier at 08:50│Comments(0)モニター | 記録器

    コメントする

    このブログにコメントするにはログインが必要です。

    FMV LIFEBOOK AH77/D モニターレポート:ジェスチャーコントロール編モノフェローズイベント:ビクターの3Dムービー GS-TD1 #minpos