bashの数字Google Driveが発表されたけど

2012年04月20日

Google cloud printを試す

環境はubuntu 11.10で試しました。
インストールは、『 CUPS Cloud Print | Niftiest Software 』 とか参照。



だけじゃあんまりなんで順番に。

sudo apt-get install cloudprint

まずはこれで試してみる
起動! 
$ cloudprint -d
Google username: xxxxxxx@gmail.com
Password:
Added Printer lbp1820
Added Printer iRC4580F
started with pid 2848
起動しました
で、確認

Google Cloud Print-164312

簡単すぎるwww
 
iPhoneのGMailから印刷してみるとコンソールに
SUCCESS  \u3010\u30e2\u30cb\u30bf\u30fc\u8ca9\u58f2\u3011\u8cb7\u3044\u66ff\u3048\u308b\u3060\u3051\u3067\u7bc0\u96fb\u3067\u304d\u308b\u30d3\u30e5\u30fc\u30c6\u30a3\u30fb\u30c8\u30ef\u30ec\u3068\u843d\u3068\u3057\u305f\u6642\u306b\u3082\u5b89\u5fc3\u306aLED\u9632\u6c34\u30e9\u30a4\u30c8\u304c\u65b0\u767b\u5834\uff01

 \uナンチャラはunicode文字列でメールのサブジェクトなので気にしないでおくw
実際に印刷も出来ました。
というわけでサービスにする
# sudo cat  > /etc/init.d/cloudprint <<EOF
#!/bin/bash
# /etc/rc.d/cloudprint
# Description: Starts the Google Cloud Print script on startup
# ----------------
#
### BEGIN INIT INFO
# Provides: Cloud-Print
# Required-Start: $cups $network $local\_fs $syslog
# Required-Stop: $local\_fs $syslog
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# Description: Start Google Cloud Print
### END INIT INFO
case $1 in
 start)
 echo -n "Starting Google Cloud Print: "
 sudo cloudprint -d
 ;;
 stop)
 echo -n "Stopping Google Cloud Print: "
 ;;
 restart)
  echo -n "Restarting Google Cloud Print: "
  killall cloudprint
  sudo cloudprint -d
 ;;
# echo "Usage: cloudprint {start|stop|restart}"
esac
EOF
$ sudo  chmod 755 /etc/init.d/cloudprint
$ sudo  update-rc.d cloudprint defaults
$ sudo  service cloudprint start


 
 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 17:15│Comments(0)linux | 設定

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

bashの数字Google Driveが発表されたけど