SiriからGoogle Mapsが呼べるiOS 6.02の効果

2012年12月18日

マイクロソフト「次期Officeで変わるライフスタイル」 〜未来のワークスタイルについて考える〜 ブロガーイベント に参加してきました

画像1

2012.12.12 品川にある日本マイクロソフトにて「次期Officeで変わるライフスタイル」

〜未来のワークスタイルについて考える〜 ブロガーイベントに参加してきました。

今回はWindows 8 に引き続き日本マイクロソフトのブロガーイベントの第二弾となります。

第一弾はこちら

『 As mind is suitable...: Windows 8の本当の魅力を体験しよう! 日本マイクロソフトブロガーイベント、に行ってきました #windows8j 』

Fans:Fans



今回のイベントはビジネス必須のアプリ、マイクロソフト Officeのイベント。

仕事で使っている人が多いこのアプリケーション、、説明しなくても大抵の人は大体どういうものかわかっていると思う。けれどもこのイベントでどんな新しいことが出てくるのか非常に楽しみに参加しました。

画像1

最初にマイクロソフトの担当者の方から、簡単にウインドウズ説明があった後、Officeの説明を受けました。

画像1

次期バージョンのOfficeは2003や2010のような数字がつかない「Office」であるとの説明でした。(後になってエクセルやワードなど個別の製品については2013などの数字がつくことが判明)

Officeはたくさんの機能が詰まっており、新しいUIを導入することで今まで使われることなくメニューの奥に埋れていた機能も使ってもらえるようにと進化させてきました。今回はさらにOfficeの側がユーザーのしたいことを認識してサポートするようにと進化したとのこと。

そして次に登場したのが冴子先生。

画像1

画像1

ここからリアル冴子先生によるOffice使い方デモンストレーション・タイム。

画像1

画像1

画像1

後から考えて実際に使ってみたい機能は、

画像1

補助線の出る等間隔整列機能。これはオブジェクトを選んでメニューという今までやり方に比べ直感的でかなり便利そう。

そして、強化されたプレゼン機能。

画像1

画像1

これはヤバイ。見ている人に気づかせずカンペや時間管理、その他諸々機能てんこ盛り。直前まで資料作っていても慌てずにプレゼンできそう(な気がする)

あと、インストラクターのネタ帳の伊藤さんによるOffice使用感のプレゼン。

画像1

しゃべりが旨く引き込まれて聴き入ってしまいました。

後半は部屋を変えて実際にタッチ&トライ

画像1

雰囲気がまるでパソコン教室 (通ったことありませんけど)

ここでやることもおそらくパソコン教室そっくり?のカリキュラムに沿った新しいOfficeの特徴を踏まえたの使い方を勉強しました。

この新しいOffice、Office Professional 2013 は http://www.microsoft.com/ja-jp/office/Preview/new-office/ からPreviewがダウンロードできるそうです。仮想化により環境を汚さずお試しできるようなのでWindows 7/8を使っている方はお試ししてみる事をお勧めします。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 13:33│Comments(0)event | PC

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

SiriからGoogle Mapsが呼べるiOS 6.02の効果