Feb 19, 2014 Xperia Z ultraを使ってみての感想IBM System z Bloggers Meet-up:なぜIBMメインフレームは愛され続けるのか? に参加してきました #Mainframe50jp #IBM

2014年03月23日

Mar 18, 2014 教えて!goo 「SIM通」主催SIMブロガーイベントに参加してきました #SIM通

2014-03-18、教えて!goo「SIM通」主催のSIMブロガーイベントに参加してきました。
ガジェット大好きな自分は「SIM通」サイトをWEBの巡回対象にしていてコラムやランキングを読んでるのでサイト同様のコアなイベントを期待して参加しました。

イベントの流れは、SIM通サイトの紹介、SIM通対談、Q&Aの後ASUSのSIM freeのタブレットのタッチアンドトライとプレゼント抽選会、という形で進みました。



SIM通のサイト紹介

司会はアプリソムリエの石井さん。最初はSIM通の小池さんによるサイト紹介。
SIM通は、2013-10からスタートした、「MVNOユーザー」というDoCoMo、au、ソフトバンクと言った携帯キャリアとはまた違う通信環境(回線はDozcoMoだけど)に焦点を当てた情報提供サイト。
そこで使われる携帯SIMの普及のためにデイリーコラムやランキング、サービス比較などの情報を鋭意発信中。

このイベントの目的はMVNOの出すSIMを普及させる取り組みの一環。
サイト自体のメインターゲットは幅広くとしていますが、
・SIMというものを知らない初心者
・興味を持ち始めて手を出してみようかなという層
辺りの障壁を下げてあげるといったところにかなりの力を入れてる感じ。

サイトのアクセスについては、立ち上げ初期はMVNOの契約に関する情報収集のためのアクセスが多かった。
最近は初心者が「これ何?」的な初心者向けの記事へのアクセスが増え、サイトとしても初心者も興味持ちはじめていると言うことを分析できたという話でした。

今後も様々なユーザー層に向けてこの日のようなイベントを行って行くとのこと。

SIM対談

登壇者らの自己紹介

ASUSさんからAndyさんとSaikoさん、goo SIMSELLERさんから田谷さん、木藤さん、久保さんが参戦でした。

ASUSさんのSIM Free機への取り組みについて

ASUSブランド自体の日本での知名度は低いとのことでしたが、会場では100%でした。自分的にはマザボ買ってたり、そしてつい最近もASUS VivoBook S551L買ったりしてたので普通にメジャー扱いしてます。
そして、話戻しますが、こちらも一般的…かどうかわかりませんがGoogleのNexusシリーズは有名処(タブン)。そんなNexusシリーズのうちASUSさんからはNexus7シリーズがSIM Free機として出てます。そして自社ブランドではfonepadシリーズも。
fonepadのfanサイトも立ち上げてユースケースの紹介など行っているとのことで、SIM Freeタブレット使おうかなと思っている人は覗いてみるのも良いかもしれない。

goo SIMSELLERさんのSIMへの取り組み

goo SIMSELLERさんはその名の通り、MVNO SIMの販売をする会社。
楽天から販売をスタートし、yahoo、本店と店舗を拡大中。当初のSIMだけ販売からSIM Free機やルータとの組み合わせでの販売、本店立ち上げと同時に家でのネットとも組み合わせた販売等々様々な形態でMVNO SIMの販売を行っているとのことでした。

SIM対談

登壇者紹介が済んだ後、いよいよSIM対談。
進行をSIM通編集部側が行い、ASUSさんやgoo SIMSELLERさんらが答えて行くという形式であることが発表されました。そこでつかみとしてSIM通編集部が行ったデータ分析の紹介が行われました。

その中で2013/10〜12月期はMVNOといったキーワードでサイトに流入が確認されており、これはどう見てもSIM上級者じゃね?みたいな状況だったのが、2014/1〜3月期はSIM関連キーワードが増えSIMって何?というSIMについて知りたい初心者の流入が増えた、という分析が公開されました。
初心者が増えたのはマツコデラックスのCMやMVNO各社の怒涛の製品展開やキャンペーン展開などによるものも大きそう、という話だがこれは納得。

そしてQ&Aへ

Q(SIM通) サイトの傾向は販売でも感じる?
A(goo SIMSELLER) 年明けから問い合わせは急増。層としては縛りについてやLINEは使えるの?みたいなものが増えている。販売でもかなりの伸び。商品の選択肢が増えているこの影響もあり。

Q(SIM通) 店舗で差はつけてるの?
A(goo SIMSELLER) 楽天店は楽天ポイントでの還元を手厚くしている。Yahoo店は独自クーポンやTポイントで還元。本店はOCNフレッツと組み合わせて家と外の双方向からの取り組みをしている。
最近の売れ筋→LTEの使えるWi-Fiルータ+SIM、SMSの使えるSIMが最近売れている。

Q(ASUS) SET販売のきっかけは?
A(goo SIMSELLER) SIMのみでは自分で組み合わせのわかるリテラシーの高い層しか買ってもらえない。セットにして敷居を下げた。

Q(SIM通) 日本へのローカライズの工夫は?
A(ASUS) 山手線一周電波チェックなどw

等々の話がありましたが、だんだん聞くのに忙しくメモが読めない字になってたのでこの辺でQ&Aの紹介は終わります(;╹⌓╹)

タッチアンドトライ


この後はタッチアンドトライへと進んだのですが、参加者に対し台数が少なかったのであまり触りきれませんでした。Androidを外から大勢で見ても差がわからない感じといえばわかるでしょうか?プレゼントも外れちゃったのでその辺の話題は当たった方のレポートに期待して読まさせてもらおうと思ってます。

最後に

最後に自分なりの感想ですが、そもそもこのイベントに参加したきっかけは、特に子供がスマホ持ちたいと言うこともあり、我が家もSIM Free機を買って通信料安くしたいという狙いがありました。
その辺の話はSIM通読めば最新情報がわかるのでこのイベントで話題とならなかったのは良いのですが、ただ現状としては(今後訂正されるようですが)キャリアのキャッシュバックが凄まじく、SIM Free機+ MVNO SIMではあまり差が出ていない点が気になりました。
その辺の比較は、料金体系が各社複雑すぎ&一般ユーザーが基準をどこに置くのがいいのだろうということ。現実感もってコレ決定!と選べる状況になっとらず、(セット使っとけばいいじゃん、ではなくてユーザーが自分で選ぶときに)わかりにくい状況はあまり改善されてないように思われました。 

あとSIMの販売のよく来る質問にもありましたが、キャリアでは使えてMVNOでは使えないアプリやサービス、端末の機能が何だかわからないというところがある限りリテラシーの低い人は飛びつきにくいのかなぁと思いました。

先月このブログで貸し出し機のレポートにを書いて使って見ないとわからないよねという体験をしたばかりなので、fonepadとかはプレゼントでなくても貸し出すとかあったらその辺のレポもできたんじゃないかなと思いました。というか単純に使ってみたいw
ただ、縛りのない環境が楽に手に入るという時代が来つつある今、 自分の周りとかでもこの分野に興味ある人はまだ始まったばかりでこれからも進化あるから(SIM通込みでw)情報収集しとけ!と言ってあげようと思いました。

Fans:Fans

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 22:04│Comments(0)デジもの | event

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Feb 19, 2014 Xperia Z ultraを使ってみての感想IBM System z Bloggers Meet-up:なぜIBMメインフレームは愛され続けるのか? に参加してきました #Mainframe50jp #IBM