2014年11月09日

Nov 1, 2014 ヤマハ ブロガーマリン体験会 横浜を初クルージングしてきました #ヤマハマリン4

「ヤマハ・ブロガーマリン体験会 第2弾
〜マリンクラブ・シースタイルで行く横浜クルージング〜」というヤマハ発動機さんの体験イベントに参加してきました。
今回のイベントとはいつもと違い土曜の昼間という時間帯。そこで横浜クルーズが楽しめるという事でワクワクしながら参加してきました。
集合会場はヤマハマリンセンター横浜、うちからは2時間弱で行ったことのない場所でしたのでどんなとこかな?と思いつつ集合場所へ向かいました。八景島シーパラへ行く途中駅の鳥浜で降りて歩いて行きます。
するとYAMAHA の文字とボートが展示してあるスペースが目に入りました。展示しているクルーザーの上に人の姿を見つけ、もうブロガーさんが来てるのか?それとも買いに来た金持ちが見に来ているのか?wなどと想像しつつ、受付を目指しました



受付が終わった後は開始までの時間に余裕があったので展示してあるクルーザーを見に行きましたw(見学してたのはブロガ―さん等でした)

見学したクルーザーは12人乗りの大きなもので今日のイベントのクルージングには関係なかったのですが、やっぱりこんな船に乗れるようになったら良いなあと思わせる豪華さでイベント始まる前からテンション上がりました

そうしているうちにイベントの説明が始まるとのことで建物の中へ。
簡単な説明の後は船のある方へ移動となりました。
歩きながら沢山のボートが碇泊しているのを見ていると(自分にはまったく縁のなかった世界ですが)沢山の人が船を楽しんでいるんだなと言うことが実感出来ました。

ハウスの方に入った後は、ルートやその他準備、そして注意点についての説明を受けました。
海から横浜の街を愛でる(?)この企画、小さなボートでもこんな遊びもあるんだよということを知ってほしい、紹介して欲しいということで行なわれたということが説明されました。
この時はまだ未体験でしたが、終って振りかえってみると、まさにヤマハさんの思惑通り楽しさの虜にw
そして、説明の後にボートヘ向ったのでした。

ちょっとザンネンだったのでしうが、ボートに乗った辺りから雨が降ってきました。
そんな雨の中、ボートはゆっくりとマリーナ内を進んでいましたが、海に出るとかなりのスピード。(体感でですが。実際はどれくらいのスピードだったのでしょうか?)

あっというまに工場地帯にたどり着きました。

そして市民ヨットハーバーの処から16号沿いの堀割川へ。
この辺りに来た時にはかなり本格的な雨で、服もかなり濡れて寒くなってました

雨が降ってしまったことは残念でしたが、川から地上の景色を眺めるというのは普段見られないだけあって非常に興味深かったです。

そうこうしているうちに、ボートは中村川へ。ここは、首都高の狩場線の下なので高速道路が傘の役目を果たしてくれて絶好の撮影タイムにw



途中、川の中に家だかなんだかわからないモノが有ったり、石川町駅や中華街などが見慣れた景色が見えた時は愉しくなって夢中になってシャッターを押していました(笑)
そして、マリンタワーが見えて来た時は少し物足りない気分で一杯でした(実は雨が降ってなかったらみなとみらいの方までコースの予定でした)

楽しい時間はあっというまにということを実感しつつ、べイブリッジの下を通って帰港。

帰りはガソリンスタンド?に寄って給油。車と同じレギュラーやハイオク、軽油などの表示が水上から見えるのは何となく新鮮でした。
あっと言う間に時間は過ぎたのですが、実際に時間を見ると2時間超のクルーズ。お昼の時間はとっくに過ぎて。気がつけばお腹もしっかり減っていましたw

食事は近くのレストランでいただきました。冷えた体にスープは最高。他のボートの参加者さんらとの食事は楽しくそしてもちろん美味しくいただきました。

で食事の後、最後の締めというわけでもないのでしょうが、こうしたマリン体験をするための船舶免許のを取るための話や、自分でボートを持たずとも楽しめる会員制のレンタルボートクラブ、SeaStyleの紹介が行なわれました。
レンタルボートも人数が集まって遊べるならばひとり辺り5000円くらいで遊べる事も分かり自分も免許取ることに興味湧いています。
その後ヤマハさんの会社紹介ビデオの上映が行われたのですが、何度も危機に落ちて復活というストーリが紹介ビデオなのに面白く見れました。(自分の持っていたヤマハのバイクやカートが出てこなかったのがちょっとザンネンでしたw)

と言うわけで、今までどこか別の世界の話に感じていたボートなども今回の体験会で思ったほど別世界でもなかったことに気がつけたのは良かったなぁと感じています。
 



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 09:00│Comments(0)event | 体験

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。