2015年10月09日

Roomba 980開封の儀と使ってみた感想 #アイロボットモニター

先週開催された「アイロボット ファンプログラム限定シークレット ファンミーティング」ですが、その時に永久モニターに参加させてもらうことになりました。 休日に自分が出かけている間にiRobot Roomba 980が早速届きました。 10/10の発売日くらいにと言っていた気がしますが、その一週間前には到着とはシゴトが早いですw




茶色いダンボールの中に真っ白な箱が隙間なく入っていて引っ張りだすのにちょっと手間取りました.
そして開封すると...箱絵のまんまの Roomba 980 が顔を出しました


箱の中身はこんな感じで非常にシンプルです.
フィルターと回転羽が 2 つ予備でついていました.


前回のファンミーティングの言いつけを守ってベースの前方に広い空間をとって設置しました. といってもコンセントを挿して置くだけです.
そしてベースに Roomba 980 を乗っけて CLEAN ボタンを 2 回押します.
最初から充電されているので買ってすぐ動かせます.
ということで初めての Roomba 980 の動きをしばらくは観察しました.
すべて片付けてから動作させたわけではないです. 玄関に Virtual Wall を設置しました. それ以外は Roomba 980 におまかせです.
そんな状況でもあちこちぶつかりながら, いい感じに掃除してくれました. いい感じと言うのは最終的には全体をカバーできたかな? と思えたと言う意味です.
ある程度家中をグルグル回った挙句, 行けるところが無いなと判断したのか, 🏠のマークを表示しながらベースへと戻って行きました.
初ロボット掃除機だったので結構感動モノでした w
カーペットなどでは吸引力アップも確認できました.

そして, 何日か動かしているとどこら辺までは入っていきそうか使う側もアタリが付いてきました.
なので, そういう入って行きそうなスペースの周辺には物をどかして行けるようにしていました.
すると, さすが Roomba, 狭くて掃除機をかけられないスペースにもガンガン入って行来ました


どう付き合えばいいかなんとなく分かってきたところで機械によくあるあの現象が発生しました...
そうです, ついにエラーが w


今回発生したのは「エラー 17 」というものでした.
放置していた衣服を乗り越えて部屋の奥に進入した挙句, 戻れなくなってしまった. そんなエラーが「エラー 17:進入経路が塞がれているためお掃除を完了できません」です.
最初部屋の向こうで「エラー 17 です」みたいな声が聞こえて掃除音が消えてたので, マニュアル引っ張りだして確認しました. 見た所故障ではなくて一安心.
というわけで「 CLEAN ボタン 10 秒押し」でリセットし再度起動. またお掃除に戻って行きました.

そんな感じで, ちょっとした洋服を散らかした程度では諦めずに乗り越えていくということを確認できたのが良かったです. もちろん帰り道も乗り越えていってほしかったですけでどね.

たった数日ですが...あまりにもゴミが溜まっているのを見て, ウワーってなりました. フローリングはモップなどチャチャッとかけられますがカーペットなどは気合入った時しか掃除機をかけないので, それを同時に掃除してくれる Roomba 980 にはこれからも我が家の掃除をお任せしたいと思います.



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 08:58│Comments(0)デジもの | モニター

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。