2016年06月02日

全日本ロードレース選手権でYAMAHA TEAMの応援をしてきました(前編) #ヤマハバイク #JRR #ツインリンクもてぎ

いつもイベントでお世話になっているヤマハ発動機株式会社さまから、2016-05-29「現場で体感!全日本ロードレース選手権観戦ツアー」をやりますので来ませんか?というありがたいお誘いを頂き、応援団として参加してきました。


今回はレース前のお勉強編(笑)



1 宇都宮集合〜バス移動

バス車内で参加者の自己紹介。みんなのヤマハさんとの関わりを交えつつ。

サーキットの普段行けない所にも行けちゃうパスをもらいました😄

2 ツインリンクもてぎ到着

途中の出店で朝から美味しそうな香りがw

3 レース基礎知識講座

まずは何はさておきレースについての講義のお時間w という事でYAMAHAの堀江さんが基礎知識を教えてくれました。

  1. その前に…まずはかなり詳細な自己紹介から…(笑)

    レースに目覚めたきっかけ、子供の頃の体験。スピード、匂い、雰囲気(→これはまさに観ないと感じられないっていうw)

  2. モータースポーツとは

    モータやエンジンなどを使って速さを競う競技で、二輪レースの種類の基本は以下の3種

    1. ロードレース
    2. モトクロス
    3. トライアル

    レースの頂点→MtoGP 日本ではココ、ツインリンクもてぎで開催、85,000人の観客動員数すごい!

    ヤマハ豆知識、1955/7創立10日で国内レース参戦

  3. YAMAHAは何故レースをやってるか?
    • YAMAHAブランドのブランディング
    • 技術のフィードバック
    • 二輪車の普及活動として
  4. 参戦について

    世界各地で開催されてるので数えるの諦めたらしい(笑)そして昨年はほとんどでチャンピオン獲得!出来過ぎらしいです(笑)

  5. 国内 レースは?(トライアルは少ない?)
    • ロードレース
    • モトクロス
  6. JSB1000(ジャパンスーパーバイク1000)
    • 年間8戦
    • サーキット、世界戦が出来るレース場は7ヶ所
    • 順位はポイント制
    • YZF-R1

      1000cc 最高速300Km/h ヤマハのデザインはカラーリングに気をつけているので注目!w

    • ライダースーツ

      プロテクター以外に名前、血液型等義務化してる。公認以外来てると失格

    • レースに出るには….ライセンス持ってる事
  7. YAMAHAのチーム紹介
    • YAMAHA FACTORY REACHING TEAM

      YAMAHA本体で持ってるチーム、ランキング1位 のライダー中須賀克行選手が今日は予選1位

    • YAMALUBE REACHING TEAM

      昨年ランキング7位の野左根航太選手は今日は予選5位、ランキング18位の藤田拓哉選手が予選10位でスタート

    • ライバルはヨシムラ・スズキ(予選2位)、カワサキ(予選3位)
    • 本日のレースは23周を競う
  8. おまけ: カメラテク
    • 写真撮る時ヘルメットに焦点合わせるといいらしい(笑)
    • シャッタースピードを遅めの方がスピード感出るらしいが、ちゃんと撮るのは難しいw

4 モビリティランドの紹介

そしてモビリティランドの方がサーキットの運営関連の説明をしてくれました

鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎの運営

1997年開業で、ツインリンクのリンクはドイツでコースの意味なんだそう。

二種類のコースを持つ事から命名

  1. アメリカンスタイルのオーバルコース「スーパースピードウェイ」
  2. ヨーロピアンスタイル コースレイアウトの「ロードコース」

そして、敷地は東京ドーム換算で137個。(その換算、私にはよくわかりません(;╹⌓╹))。敷地の6割は森、キャンプとかの施設もあります。

変わった所では、自動車やバイクの技術向上施設、アクティブセーフトレーニングパークというのもあります。そしてホンダ資本らしく、ホンダコレクションホール。ここにアシモなど展示してありますが、今回はいきません(笑)

ツインリンクが出来た頃に一度来た事がありますが…その頃の写真はどこ行ったのかな?(行かないので比較出来ませんけどね(笑))

そして2輪のレースの醍醐味、4輪と違って選手がむき出しで観客はその動きをその目で観れるのが魅力。選手の個性ある動きを堪能するのも楽しいという事です

5 イベントブース見学

各社のバイクが置いてあって乗ったりとかも出来ます。レーサーではないですがファンがバイクに直接触れ合えるスペースでした

6 お昼ごはん

洋風と和風が有ったのですが、自分の席は洋風でした。ごちそうさまさまでした

それとお土産頂いております。Tシャツと単眼鏡です😀 ありがとうございました

午後からはみんなでお揃いのTシャツと旗持っていよいよ観戦ムードも高まってきました

そして後編に続きます



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 10:00│Comments(0)乗物 | 体験

この記事へのトラックバック

いつもイベントでお世話になっているヤマハ発動機株式会社さまから、2016-05-29「現場で体感!全日本ロードレース選手権観戦ツアー」をやりますので来ませんか?というありがたい ...

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。