2016年06月18日

ねむり時間計レビュー 機器編 #オムロンヘルスケアオフィシャルレポーター

Photo on 2016-05-27 02-43-09 00.jpeg

ねむり時間計の発売イベントから何日かして現物(HSL-004T)が届きましたので外観を含めまず機器についてレビューしたいと思います。

これはオムロン ヘルスケアさん主催のイベントのオムロン ヘルスケア オフィシャルレポーター会議の一環としてモニター機の貸し出しが行われる予定でした。が、オムロンさんの好意により睡眠改善を体感(そしてねむりを改善)してレポートせよという新たなミッションが与えられたため…というか数週間使って改善の効果ってわかりにくいからもっとちゃんと使ってレポートしてねという事なのでしょう。当初の予定の数週間での返却はせずそのまま使って良い事になりました。

と長々と前置きを書きましたが、要するに体感は体調もあるだろうし、とにかく使ってみて初めてわかることもたくさんあるだろうからしばらく使ってみる事としました。そこで、今回と次回の二回は機器編、アプリ編という形で私自身の思った事を含めてレビューしていこうと思います。そのあとは実際の睡眠体験につなげて行きたいなと思います。



外観

まず、外観から。

外観はこんな感じでとてもシンプルな形です。
033b747e.g
fe1f36dc.g

表に大きめなスイッチ一つと後ろ面に小さなスイッチが二つ。

それぞれの機能は、表面のが 「眠ってる顔文字」のボタン(名前なんて言うんだろ?)で、設定時はOKボタン的役割、そして現在時間表示や測定の開始、終了ボタンでもあります。

b24d7119.g

そして裏面の上のボタンが"進む/早送り"、通信の開始、設定開始のボタン、下のボタンは"戻る/早戻し"、アラーム設定のボタンです。

66078841.g

電池交換も裏面からですね。小っちゃいドライバーも付属してました。

仕様について

それから今回発売されたのは HSL-003T とHSL-004T の2機種です。

今回のは SleepDesign NAVI と刻印されてます。今回から入ったヨガ式睡眠導入が睡眠をナビゲーションするNAVIなんでしょうね。

5bb09240.g

2機種ともスペック表見ても同じなんだけど、ここに書いてなかった違いは環境センシング機能。これはねむりの近辺で寝やすさを測ってくれる機能って事ですね。寝苦しかったのは室温がこんな温度だったからか、とか、蒸し蒸ししてたからなんだなっていうのを振り返るのに使える。

そして寝やすくなるように風通しを考え換気したりとかそういう行動に繋げられたら良いのかなと思います。

Bluetooth

Photo on 2016-06-22 10-40-23 00.png

後、ハード面としてはスマホとの連携に使うbluetooth 接続。 ヨガの呼吸トレーニングによる睡眠導入はスマホとの連携で行っており、これ無くして今回の商品が成り立ちません。そんなスマホ連携に必須の bluetooth ですが普通のヘッドホンやキーボードとのペアリングとは異なり、アプリのねむり時間計を使って接続設定します。接続に関してはマニュアルに書いてありますし、その通り行えばすぐつながります。が、bluetoothキーボードを繋ぐようなつもりで スマホの bluetooth 設定を見に行っても特にペアリング画面が出る訳ではなくそこでは繋がりませんので、逆にスマホ慣れしてる人は要注意ですw

Alarm

ここで話は変わりますが、機器のアラーム音、最初の頃は昔から聞き慣れたピピピッって音で耳に慣れ過ぎてて起きられませんでした(笑)人の慣れとは恐ろしいものですw まぁスマホとかの起床タイマーでも起床音楽は時々変えないとそのまま熟睡、もしくは二度寝してしまう、これは人の習性なのか自分だけが陥ってる罠なのか、ぜひ専門家に教えていただきたいものですσ(^_^;)

という訳で機器に関してはここまで、引き続き次はスマホアプリ編です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 00:06│Comments(0)モニター | デジもの

この記事へのトラックバック

5月の後半から使い始めた「ねむり時計」3ヶ月経って睡眠がどう変わったのか?その辺りをレビューしたいと思います。この記事は、オムロン ヘルスケアさん主催のイベントのオムロン ...

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。