2016年10月13日

ノートン セキュリティの新製品説明会に行ってきました #ノートンはいつもそばで守ってくれる

2016.10.12 シマンテック主催、ノートン セキュリティの新商品説明会に参加してきました。

ノートンセキュリティはユーザーですので新しい機能拡張についてはとても気になります。



会場は代官山にある UNICE さん。落ち着いた雰囲気のお店です。
始まるまで時間があったのでイベント前に軽食をいただきました。

そして会場の出入り口の近くには「どら焼き」が置いてありました。何故ノートンで「どら焼き」なのかは後で理由がわかります。

始めに登壇したのはノートン事業統括本部統括本部長の正木敏博氏。今後を含めたノートン製品について語っていただきました。

今までは攻撃対象といえばウィンドウズPC。今は更にモバイルデバイスなどなど。そしてゆくゆくは身の回りのIoTデバイスにも。そんな中、詳しい人だけがセキュリティをするのではなく、一般にも対策をして欲しい。セキュリティやるのは難しいからなぁと思っている人にも対策して欲しいという事でこんなキーワードを掲げました。
「イメージチェンジ」

そして、イメチェンの手助け?あのキャラクターをイメージキャラクターに。


頼りないのび太くんをそばで護る「ドラエもん」。いつもそばで護って(助けて)くれる存在を目指して「ドラエもん」というキャラクターを採用。今後のノートンに期待して欲しいという事でした。 

という訳で入り口の「どら焼き」はここに繋がっていたのでした。
続いて、プロダクトマーケティング部リージョナルプロダクトマーケティングマネージャーの住山望氏が、新しい商品の中身についての紹介。

新機能は3つ。
アプリの穴をアップデートで埋める前に攻撃する「ゼロデイ攻撃」や「エクスプロイト」、これらを未然に防ぐ(検出する)PEP(Proactive Exploit Protection)を開発。
そして圧縮や難読化されたマルウェアを「エミュレーション」環境内で開いて検出!
未知、亜種の定義ファイルがないマルウェアには「マシンラーニング」で対応。

これらの機能拡張は従来型の5段階のフィルタリングにプラス一段して今回から6段でフィルタリングするように改良されました。

…ところで、ファイルを盾に金銭要求する「ランサムウェア」、プレゼンで出てきたのですがこらはどこで対策するのか聞くの忘れてしまいました(;╹⌓╹)
入り込む時はよくあるマルウェアと同じなので見つけられるということでしょうか?
これらの新機能を持った新商品は「ノートン セキュリティ プレミアム」という名前で10/13から発売。パッケージとしては、1年3台版が,480、3年3台版が ,280で小売されるとのこと。
ちなみにデラックスユーザーの自分はちゃんと日頃からシステムアップデートしてたら、今日聴いた新機能は使えるという事でした。という事で自分と同じく最近買ったばかりの人でも安心ですね。

イベントの進行はこれでお終いw. 後はノートンの人を捕まえてフリーでいろんな話を聞いてくださいっていう流れでしたw
という訳でこの機会にいろんな事を聞きました。
例えば…WindowsのBOWでlinuxのウイルスが動いたら?とか、IoT機器によるDDOS攻撃の話とか。
また、クライアントでセキュリティしたくないんです、なので国や県単位もう少し細かい単位でも良いけどクライアントに辿り着く前になんとかなりませんか?と言う話から北朝鮮や中国みたいな監視はみんな抵抗あるしセキュリティのバランスは難しいという話になったり。
会社みたいな単位ならみたいな今でもやっているんですけど国とかがやるのは…という事ですよね。

と言った、ちょっと文字起こしするのが大変なディープなお話をたくさん聞けてすごく有意義な時間を過ごせました。

最後にお店を出るときお土産も。

今回も大変勉強になりました、ありがとうごさいました。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)event | ネット

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。