2016年10月21日

電動歯ブラシ HT-B315-BKの体験記 実践紹介編 #オムロンヘルスケアオフィシャルレポーター

オムロン ヘルスケア オフィシャルレポーター会議Vol.2 に参加後モニターしている電動歯ブラシ HT-B315-BKの体験記です。

今回は自分が使っている歯磨きの道具をどう使っているかについてです。

なお、本blogエントリで使っている電動歯ブラシ HT-B315-BKはオオムロン ヘルスケア オフィシャルレポーター会議の一環としてモニター用に頂いていおり、機器と組み合わせているアプリはiOS上で動くアプリを組み合わせて使っています。






今回は一月近くの HT-B315-BK を使って自分の磨きはどういう感じに落ち着いたかを書いてみようと思います。

自分の場合、肉など脂っこい、味の濃いものを好んで食べてしまいます。
この時、肉の筋や脂などで汚れているのを感じているときはいきなり電動歯ブラシを使わず手磨きの歯磨きを最初に使います。(1)

そしてやっと電動歯ブラシの出番。この時は(2)(3)の順で使っています。

あと、自分のやり方が合っているのかは自信がないのですが、歯磨き粉は研磨剤が入っているのであまりたくさん付けずに最小限だけにしたほうがよい、という話をTVの情報番組で聞いたことがあってそれ以来さっぱり感がないとき以外はほんとにちょっとだけ、しかも仕上げの段階で清涼感を得たい時にだけ使うようにしています。
というわけで歯磨き粉の出番は(4)w

ここまでは朝晩双方の定番の手順です。

そしてたまにですが続きの手順がある時がありますw

水流で歯の隙間の汚れを洗い流してくれる機器(5)です。なんでこんなのを使っているのかというと、自分の歯には一部ブリッジにしているところがあって、スケーラー(6)やフロス(7)が使いにくいこともありジェット水流で汚れを落とす機器を使っています。
スケーラー(6)は歯石が見えちゃって気になるときにw
フロスは水流でも取りきれなかった歯の隙間掃除に使っています。

というわけで結構歯の掃除道具は充実させているんでが、やはり一番使用時間が長いのは電動歯ブラシを使っている時間。これが今回 HT-B315-BK を使うことで軽く当てていくだけで済むのでだいぶ時短出来るようになりました。

手をかけすぎということはないと思うのでこれからもある程度ちゃんとやっていこうと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)モニター 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。