2017年03月09日

家の中のデバイスのセキュリティをまとめて面倒見てくれる製品が日本にやってきた #Bitdifender

「Bitdefenderのユーザーミーティング」に参加しました。

今回はセキュリティ製品です。大抵の場合家庭で行うセキュリティ商品といえばPCにインストールするアンチウィルスソフトですが今回は違います。これはインターネット回線用のルーターに繋いで使う製品と言うことで家庭にある様々なネットにつながる機器をガードしてくれるハードウェア。そんな製品の日本での発売イベントに参加して来ました。


今回の製品Bitdefender Boxを開発したメーカーBitdifender社はルーマニアのブカレストにある企業だそうです。なので…

ルーマニアの料理が用意されてました(^o^)
そして日本で販売するのはBBソフトサービス(BBSS)さん。
確かにね。どこらか攻撃受けても大丈夫などという事は絶対にないですからね。
ランサムウェアみたいなウイルスでデータを人質に取られたらお金払っちゃうだろうし、そうしたら味をしめてもっと…という連鎖なんだろうな
ちょっとわかってると思ってると自分の経験から外れた所を突かれてしまうんでしょうね。
しかし、お金払えば攻撃してくれるサービスとか。世も末だなぁ
今時はネットにつなぐのはパソコンだけじゃなくて例えばハードディスクレコーダーだったりテレビだったりもちろんスマホ、プリンタ、NAS等々何を繋げているかわかりません。どこにお金をかけて守れはいいのか、ほんと難しい。
Bitdifender社はセキュリティ分野で活躍してきた企業とのこと。
PCみたいなソフトを新しくできるものばかりではないですからね。
結局組み込みでソフトを最新にし続けるのは家庭では難しい。でも便利な製品はみんな買ってしまう。
だから嬉しくない世界で2位を頂いてしまうんでしょうね。
確かにルーターとかアップデートするのとかもしょぼいWEBインターフェースだし、そこにアクセスするのもある程度わかってる人でないとアクセスすらしないんでしょうね。
あとアップデート自体出ない買い切りの製品もあったり。
とにかくセキュリティアップデートはある程度頻繁に自動でアップデートしてほしい。
結局家庭の根元で安全を確保するのが一番ですよね。それがデバイスを問わずというのなら安心です。
インターフェースをスマホのアプリにしてしょぼいUIを使わずに済むのは嬉しいですね。あとネットワークに繋がるデバイスの脆弱性を教えてくれるのは素晴らしい。
ネットを流れるデータを暗号化してくれるVPNも使えるのは自分的には嬉しい。会社に繋げなくなったら困りますからねw
いろいろ危ない所にアクセスしてブロックされるのを見せてもらいました。
これは…
製品仕様を見ていたらBitdifender BoxのWi-Fiが2.4GHz帯しか書いてなかったので気になっていたらBBSSの方に教えて頂いきました。

というわけでBitdifender Boxについて、というより家庭に繋がるさまざまなデバイスは危険に晒されているという事を、そしてBitdifender Boxのようなハードで家の入り口で対処出来るという事を教えていただきました。

Bitdifender Boxはモニターさせていただけるので別のエントリでレポートします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)event | iot

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。