2017年03月30日

測っているから気付ける事もあるよね #オムロンヘルスケアオフィシャルレポーター

オムロンヘルスケアオフィシャルレポーターとして「オムロンヘルスケアオフィシャルレポーター会議vol3」に参加して上腕式血圧計HEM-7600Tのモニターをしています。 今回は1カ月弱の利用で得られたデータについて前回からの継続レポートです。

約1ヵ月使った結果がこれです。平均値ですが上が131、下が85でした。 イベントで家庭での測定は125/75mmHg未満、診察室血圧では130/80mmHg未満が正常と言う事なので上のスクショの平均値131/85mmHgというのは危険信号が灯ってますね。どうしましょ。
グラフの130の所に線を引いてみました。測り始めの頃が極端に高くなっていたのはまだ慣れていなかったからなのでしょうね。その後は大体同じ感じで安定しているように見えます。下が飛び出ているのはどんな理由なんでしょうね?気になります。
Apple純正ヘルスケアアプリで同じデータを表示してみました。この表示だと1日に複数回計測するとそれが幅に表れ、そして最高血圧と最低血圧が別々に表示されています。これを見ると幅が広く表示されていると1日の変動幅が大きいときがあります。この日どんな事があったのかな?とかこうしたバイタルデータだけでは分からないので一緒になんらかのメモを追加できたら良いなぁと思いました。というのもこの計測の間特に病気などもしていなかったので。 と、まぁこんな感じで一月の計測データをもとに振り返ってみましたが、高血圧ちょっと心配な状況であるということがわかりそれなりのことを始めないといけないなぁと改めて思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 23:32│Comments(0)TrackBack(0)モニター | review

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。