2017年08月31日

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20 使用記 その2 #プロトレックスマート #アウトドアアンバサダー

CASIO のアウトドアアンバサダーとして CASIO スマーアウトドアウォッチ「 PRO TREK Smart WSD-F20 」の体験イベントに参加し,借り受けた CASIO PRO TREK Smart WSD-F20 を長期モニターしています.

2017 年 8 月, 東京はずっと雨だったのですが, 夏休み最後の 8/19 に鎌倉古道山ノ道の七国峠を PRO TREK Smart WSD-F20 をはめてぶらっとしてきました.



8 月に入ってから雨の降らない日はないという状況でしたが, 夏休み終了まで残り 2 日という時点で朝から薄曇りだったので, 七国峠を歩きに行ってきました.


入り口は住宅地を抜けたところにありますがいきなり鬱蒼と気が生い茂っていました (笑)


し途中寄り道しました. 分かれ道のところは急な下りで湿った土のところで足を取られたりしました. そして「御殿峠古窯群跡と工人の道」という説明板があるところまで歩いて行きました. このあたりは「古代窯の谷」といわれいたそうで, 平安時代の窯跡がたくさん発見されたらしいです. 「町田市相原町と八王子市の境の谷には, 瓦や須恵器を焼いた, 平安時代としては国内最大級といわれる 200 基以上の窯跡が確認されています. その大半が開発で失われましたが, この隅田川源流部だけは数十基の窯跡奇跡的に残されています. みなさんこれから歩く道は, 古代の工人たちが窯に向かった通勤の道であり, 製品を運び出した道なのです」とありました.(写真はカマキリがいて一部読めないですね w)




さて, 寄り道から戻りました. この時は空は晴れていたのですが木が茂って日陰を作り楽に歩く事が出来ました. ただ最悪なのは蚊がたくさんいてちょっとばかしかけた虫除けスプレーは全く効かず, 帰ろうかなという気持ちがだいぶ強まっていました. しかし峠を超えて降りればあるものが待っていると考え気力を振絞りました w そしてついに七国峠の標識が w


ここは 800 年前, 鎌倉幕府を目指し, 上州 (群馬) 武州北部 (埼玉) の武士たちが駆けつけた伝説の鎌倉古道跡らしいです w


標識に従って大日堂の方へ向かいました. 途中ぬかるんだ下り坂で苦戦しましたがなんとか到着 w


そして蚊の攻撃を避けながら峠を降りていきます.


いよいよご褒美の時間 w 「町田アイス工房 ラッテ」に到着しました. この日は町田の農家の方が栽培したブルーベリーとミルクの甘いブルーベリーアイスと酸味のきいたフランボワーズの 2 つを頂きました.


この跡帰宅したわけですが, 蚊に刺された跡が痒くて結構大変でした. WSD-F20 でマップを出しながら歩ったのですがあの高い木がたくさんある道にも関わらず, ちゃんと移動経路をトレースしてくれて見ながら楽しくなっていました.



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 23:00│Comments(0)monitor | デジもの

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。