Rakuten UN-LIMITのSIMをiPhoneで使ってみました。

2020年09月14日

ubuntu 20.04 で HHKB LIte 2 英語キーボードを使う

PFU HHKB Lite 2 を使っています。
Ubuntu 20.04 LTS にした時に ibus-skk で Key Layout が HHKB (JP) となってしまいました。
今回は其れをHKB LIte 2 英語キーボード用設定に直す話。



その前に、System 全体を HHKB に設定しなおします。

sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuratio

で、 以下のように操作
  1. キーボードモデルを "Happy Hacking"
  2. キーボードが由来する国を "English (US)"
  3. キーボードのレイアウトを "English (US)" 
  4. AltGr として機能させるキーを "キーボード配置のデフォルト"
  5. コンポーズキーを "コンポーズキーなし"
  6. X サーバを強制終了するのに Control+Alt+Backspace を使いますか?を "いいえ" (好みの選択を)
これで system 全体が HHKB になります。
これは /etc/default/keyboard に情報が格納されます。

この時、 ibus-skk で入力しようとすると、キーボードレイアウトが HHK (JP) となっています。
これの設定は、実は usr/share/ibus/component/skk.xml の情報が参照されていました。
そこで、このファイルのなかの jp を us へと書き換えました。
$ diff -u skk.xml.orig skk.xml
--- skk.xml.orig 2018-09-27 23:09:35.000000000 +0900
+++ skk.xml 2020-09-14 13:03:27.140233704 +0900
@@ -17,7 +17,7 @@
  <license>GPL</license>
  <author>Daiki Ueno &lt;ueno@unixuser.org&gt;</author>
  <icon>/usr/share/ibus-skk/icons/ibus-skk.svg</icon>
- <layout>jp</layout>
+ <layout>us</layout>
  <longname>SKK</longname>
  <description>SKK Input Method</description>
  <rank>70</rank>
以上の操作でubuntu 20.04 の上で HHKB LIte 2 英語キーボードを使えるようになりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
highfrontier at 13:31│Comments(0)linux | 設定

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Rakuten UN-LIMITのSIMをiPhoneで使ってみました。