設定

2015年01月10日

btrfsのリサイズ

自分メモ

120GBのシステムを入れていたSSDを別の目的で使いたくなった。
余ってた32GBのSSDにシステムを移行することにした。
btrfsを使っていたのでコピー前にコマンドでリサイズ。
その後partedでパーティション自体をリサイズし収まることを確認して、中身移動。そしてgrubをupdate。
簡単だったw続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 12:09|PermalinkComments(0)

2012年04月12日

Honda Moto LINK サービス・イン

『 Honda | Honda二輪車オーナー向け新会員制度「Honda Moto LINC(ホンダ モト・リンク)」のサービスを開始

Hondaは、スマートフォンを保有するHonda二輪車オーナーを対象に、快適なバイクライフをサポートする新たな会員制度「Honda Moto LINC(ホンダ モト・リンク)」のサービスを、4月12日(木)より無料で開始します。

ということでサービス始まったので登録しようとおもったが...

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 14:22|PermalinkComments(0)

2012年04月04日

Aterm WM3600Rをステルスにしてみた3

Aterm WM3600Rを買ったので、嬉しくなって先日Linux Desktopの設定のエントリを上げた。

『 As mind is suitable...:無線LANルーターを買い換えたのでその設定 (ubintu/ocelot) http://highfrontier.ldblog.jp/archives/52259529.html 』 

使っててやっぱりステルスにしといたほうがいいなと思ったので今回はその話。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 12:30|PermalinkComments(0)

2012年04月03日

GConf-WARNINGが出てる時の対処法

例は何でも良いのだが、例えばemacsを起動したとき以下のようなwarningが出ることがある
(emacs:1250): GConf-WARNING **: Client failed to connect to the D-BUS daemon:        
//bin/dbus-launch terminated abnormally without any error message                    
ちと気持ち悪いので対応してみた
といってもざっくりと簡単にw続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 14:53|PermalinkComments(0)

2012年04月02日

無線LANルーターを買い換えたのでその設定 (ubintu/ocelot)

自分メモw

3月まで使っていたAterm WM-3500RからAterm WM-3600Rへ乗り換えたので wpa_supplicant.conf の書き換えの話

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 10:27|PermalinkComments(0)

2012年03月23日

firefoxが毎回最大化して立ち上がるのがうざかったので…

firefoxがいつの間にか毎回最大化して立ち上がるのがうざかったのでどーしたものかと思ったのですが、以下の設定でもとの設定に戻せました。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 13:47|PermalinkComments(0)

2011年07月19日

FMV LIFEBOOK AH77/D モニターレポート:ジェスチャーコントロール編

FMV LIFEBOOK AH77/D モニターレポート、今回はジェスチャーコントロール編です。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 10:40|PermalinkComments(0)

2011年07月04日

FMV LIFEBOOK AH77/D モニターレポート:節電編

FMV LIFEBOOK AH77/D モニター機ですが、借り物ということもあってカスタマイズして自分用に使いやすくして…とかしてしまうと返したくなくなるなぁーとかいろいろ思いながら使っているわけですが…
今回は節電編です。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 13:20|PermalinkComments(0)

2010年12月31日

EP-803Aがキタ! Ubuntu Drinver導入編

この時期印刷が一番多くなるってことで、WindowsだけじゃなくてUbuntuも活用しようと思いavasysからドライバを導入しました。 URLは以下。 http://avasys.jp/product/linux_driver/lsb/epson-inkjet/escp/ ** Driverのダウンロード とりあえず導入環境がintelの32bit環境なので >|| $ wget http://linux.avasys.jp/drivers/lsb/epson-inkjet/stable/debian/dists/lsb3.2/main/binary-i386/epson-inkjet-printer-ep-803a-903f-series_1.0.0-1lsb3.2_i386.deb ||< ** LSBの導入
Epson Inkjet Printer Driver (ESC/P) for Linux "Epson Inkjet Printer Driver (ESC/P) for Linux" は、LSB (Linux Standard Base) に対応し、セイコーエプソン製カラーインクジェットプリンターを使用して高品質な印刷を行うための共通プリンタードライバーです
というわけでLSBの導入を事前にしておく。 >|| $ sudo apt-get install lsb ||< ごっつりパッケージを導入を要求されるが必要なのでYを押して先に。 導入の最後は最初にダウンロードしたdebファイル。 >|| $ sudo dpkg -i epson-inkjet-printer-ep-803a-903f-series_1.0.0-1lsb3.2_i386.deb ||< ** cups を 一応restart(要?不要?) >|| $ sudo service cups restart ||< ** プリンタ登録 我が家は無線は別subnetで管理しているのでそのままGUIでネットワークプリンタを検索しても見つけてもらえない。 というわけでコマンドラインからプリンタを登録する。 >|| $ sudo /usr/sbin/lpadmin -p ep803a -P /opt/epson-inkjet-printer-ep-803a-903f-series/ppds/Epson/Epson-EP-803A-epson-driver.ppd.gz -D 'Living' -L 'Epson EP-803A' -v lpd://192.168.XXX.XXX/ep803a -E $ sudo /usr/sbin/lpadmin -d ep803a ||< ** cups restart >|| $ sudo service cups restart ||< ** 現状確認 >|| $ env LANG=C lpstat -p -d printer ep803a is idle. enabled since Fri Dec 31 16:13:42 2010 printer PDF is idle. enabled since Sun Nov 21 21:42:16 2010 system default destination: ep803a ||<続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 16:50|PermalinkComments(0)

2010年08月17日

Canon iR C4580 & LBP1820をLucid Lynxで使う3

以前 Canon iR C4580 & LBP1820をkarmic koaraで使うでUbuntuからキャノンのレーザープリンタを使うときの話を書いた。

その時はパッケージの依存関係でまともにインストールできなかったのでちょっと一工夫してインストールする方法を書いた。

今回夏休み明けにサーバーを立ち上げるにあたって、久しぶりにキャノンのドライバのページに行ったらメジャーバージョンが上がっていたので早速インストールしてみた。

結果は、前回の面倒さが嘘のようにあっさり終了したw

手順は以下。

ちなみに自分の例ではモノクロレーザーのlbp1820とカラーレーザーのiRC4580Fを設定しています。

インストール

$ sudo dpkg -i cndrvcups-common_2.10-1_i386.deb 
$ sudo dpkg -i cndrvcups-lips4_2.10-1_i386.deb 

cups を 一応restart(要?不要?)

$ sudo service cups restart

プリンタ登録

$ sudo /usr/sbin/lpadmin -p lbp1820 -P /usr/share/cups/model/CNCUPSLBPSERIESLJ.ppd  -D 'NEARP (Canon LBP-1820)' -L 'Near Printer' -v lpd://192.168.XXX.XXX/lbp1820 -E
$ sudo /usr/sbin/lpadmin -p iRC4580F -P /usr/share/cups/model/CNCUPSIRCSERIESLJ.ppd  -D 'FARP (Canon iR C4580F)' -L 'Far Printer' -v lpd://192.168.XXX.YYY/iRC4580F -E
$ sudo /usr/sbin/lpadmin -d lbp1820

cups restart

$ sudo service cups restart

現状確認

$ env LANG=C lpstat -p -d

cupsのWEB interfaceで細かく設定

$ w3m http://localhost:631/

最初からcupsのWEB interfaceでやっても良かったな(汗



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 19:47|PermalinkComments(0)

2010年01月28日

mmm-modeでgccのMD(machine description)ファイルを編集する3

事前準備

mmm-mode を http://sourceforge.net/projects/mmm-mode/ からダウンロードし、configure & make install しておく

.emacsに以下の設定

 	
(setq auto-mode-alist (append (list
                               '(".md" . emacs-lisp-mode)
                              auto-mode-alist)))
;; mmm-mode
(require 'mmm-mode)
(setq mmm-global-mode 'maybe)
;; md mode
(mmm-add-classes
 '((md
    :submode asm-mode
    :front "\"@"
    :back "\""
    :insert ((?t md nil @ "\"@"
                 @ "\n" _ "\n" @ "\"" @))
    )))
(mmm-add-mode-ext-class nil "\\.md?\\'" 'md))

"@改行 〜 "はアセンブラ複数行だからいいが、

"{ 〜 }"でC++-modeもやりたいのだが…だれか追記する方法教えてくださいm(._.)m おねがい



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 16:50|PermalinkComments(0)

2009年12月31日

flashのボタンが押せなかったので(karmic koara/amd64)

年末動画三昧にそなえてw http://labs.adobe.com/downloads/flashplayer10_64bit.html ここからlibflashplayer.soをダウンロード で、以下の様にインストール
# sudo -s
# apt-get remove flashplugin-nonfree flashplugin-installer
# mv libflashplayer.so /usr/lib/mozilla/plugins
# cd /usr/lib/xulrunner-addons/plugins
# ln -s ../../mozilla/plugins/libflashplayer.so ./
ブラウザは再起動すればさっきまで押せなかったflashのボタンが押せるようになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 01:40|PermalinkComments(0)

2009年12月10日

Canon iR C4580 & LBP1820をkarmic koaraで使う

Canonのドライバをまんまインストールしようとすると依存関係がドータラと面倒なことになったのでやり方を変えてみた。次回の更新時用の自分メモw

  1. 各プリンタは一旦 システム管理>印刷 から”Canon LIPS-IV Foomatic/lips4 (recommended)” でインストール
  2. Canon iR C4580のほうは以下のパッチを当てたPPDで設定を上書き
    --- CNCUPSIRC4580LJ.ppd.org	2008-10-29 12:27:46.000000000 +0900
    +++ CNCUPSIRC4580LJ.ppd	2009-12-10 11:46:24.545856354 +0900
    @@ -28,7 +28,10 @@
     *cupsVersion: 1.1
     *cupsManualCopies: True
     *cupsModelNumber: 114
    -*cupsFilter: "application/vnd.cups-postscript 0 pstolipscpca"
    +*%cupsFilter: "application/vnd.cups-postscript 0 pstolipscpca"
    +*cupsFilter:	"application/vnd.cups-postscript 100 foomatic-rip"
    +*cupsFilter:	"application/vnd.cups-pdf 0 foomatic-rip"
    +*cupsFilter:	"application/vnd.apple-pdf 25 foomatic-rip"
     *ModelName: "iR C3880/C4580 LIPS4"
     *ShortNickName: "iR C3880/C4580"
     *NickName: "Canon iR C3880/C4580 LIPS4 ver.1.8"
  3. LBP1820 は 2.の用にするとPSをそのまま印刷するハメになるので以上でおわり(原因は探っていないがどうせソースのプリントアウトにしかつかわないので問題無し)

以下も何かあったら参照 http://www.openprinting.org/show_printer.cgi?recnum=Canon-LIPS-IV



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 14:17|PermalinkComments(0)

2009年12月09日

debian系ディストでクリーンインストール

今までインストールしてたパッケージの一覧を得る

> $ dpkg --get-selections >myselections

今までインストールしてたパッケージの一覧をクリーン

> $ dpkg --clear-selections

一覧からパッケージをインストール

> $ dpkg --set-selections

ネタ元 man dpkg

ついでにインストール済みパッケージに説明をつけたいときは

> dpkg --get-selections | awk '{print $1}'| env COLUMNS=256 xargs dpkg -l

さらに追記

システムを切り替えたばっかりでパッケージが足りないときの対処法はコマンドの前にauto-apt runをつける

> $ auto-apt run COMMAND

でも

> $ sudo apt-get install auto-apt

すると結構大量の依存パッケージが入るが俺の場合普通に使うコンパイル環境までついでに入るので別の意味で重宝w



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 11:11|PermalinkComments(0)

2009年11月18日

sshでのログインが遅いので…

新しいサーバーへのsshでのログインに時間がかかったので古いマシンと比較してみた。 前のサーバーでは以下の部分ように変更していたので新しいマシンでも同じように変更した。 自分メモをここに残しておく。
diff -u /etc/ssh/sshd_config.org /etc/ssh/sshd_config
--- /etc/ssh/sshd_config.org	2009-11-16 21:49:03.636079399 +0900
+++ /etc/ssh/sshd_config	2009-11-18 13:40:40.319635941 +0900
@@ -75,3 +75,7 @@
 Subsystem sftp /usr/lib/openssh/sftp-server
 
 UsePAM yes
+
+UseDNS=no
+GSSAPIAuthentication no
+AddressFamily inet


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 13:47|PermalinkComments(0)

2009年09月25日

EmacsMuse(2) : LaTeX publishの時まともなfigure環境を使いたい

タイトル通りなんだけどσ(^◇^;) 期末で報告書の作成でどーしても細かい設定しないとはみ出して困ったチャンになっちゃったので作ってみた。本当は生LaTeXで書くのが筋なんだろーけど、締めまでもう一週間もない。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。
(defun muse-publish-figure-tag (beg end &optional attr)
  (let* (
	 (position (cdr (assoc "position" attrs)))
	 (caption (cdr (assoc "caption" attrs)))
	 (label (cdr (assoc "label" attrs)))
	 (center (cdr (assoc "center" attrs)))
         (centerp (and (stringp center) (string= center "t")))
	 )
    (if (muse-style-derived-p 'latex)
	(progn
	  (muse-publish-ensure-block beg end)
	  (goto-char beg)
	  (insert (concat "\\begin{figure}"
       (if (stringp position)
       (concat "[" position "]\n") "\n")))
	  (if centerp (insert "\\begin{center}\n"))
	  (goto-char end)
	  (if (stringp label)
       (insert (concat "\\label{" label "}\n")))
	  (if (stringp caption)
            (insert (concat "\\caption{" caption "}\n")))
	  (if centerp (insert "\\end{center}\n"))
	  (insert "\\end{figure}")
	  (muse-publish-mark-read-only beg (point))))))
(add-to-list 'muse-publish-markup-tags
             '("figure" t t nil muse-publish-figure-tag))


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 17:24|PermalinkComments(0)

EmacsMuse : LaTeX publishのとき”要旨”を使いたい

タイトル通りなんだけどカスタムタグ <abstract>で囲みたかったので 以下のようにやってみた。
(setq muse-latex-markup-strings
      (acons
       'begin-abstract "\\begin{abstract}"
       muse-latex-markup-strings))
(setq muse-latex-markup-strings
      (acons 
       'end-abstract "\\end{abstract}"
       muse-latex-markup-strings))
(defun muse-publish-abstract-tag (beg end)
  (muse-publish-ensure-block beg end)
  (goto-char beg)
  (insert (muse-markup-text 'begin-abstract))
  (goto-char end)
  (insert (muse-markup-text 'end-abstract))
  (muse-publish-mark-read-only beg (point)))
(add-to-list 'muse-publish-markup-tags
             '("abstract" t nil nil muse-publish-abstract-tag))
appendixも同様にして作れる。 EmacsMuseを今日始めて使ったんで本来のやり方知らないんだけど(汗

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 02:51|PermalinkComments(0)

2009年09月24日

wl-biffを設定した

GMailのメールをoffileimapでMaildirで取り込んでいるのでbiffの設定を以下のようにした。
;; WL-BIFF
(setq wl-biff-check-folder-list
      '(
	"./data/Maildir/XXX/root"
	"./data/Maildir/YYY/root"
	"./data/Maildir/ZZZ/INBOX"
	))
(setq wl-modeline-biff-state-on
      (propertize "[〒]" 'face display-time-mail-face))
(add-to-list 'global-mode-string
	     '(wl-modeline-biff-status wl-modeline-biff-state-on 
				       wl-modeline-biff-state-off))
(defadvice wl-mode-line-buffer-identification (around dont-show-biff activate)
  (let ((wl-biff-check-folder-list nil))
    ad-do-it))


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 16:58|PermalinkComments(0)

anthy.elで個別キーにON/OFFを割り当てる

anthy.elでトグルじゃなく変換のON/OFFがしたかったので以下のようにしてみた。
(defun anthy-mode-force-on (&optional arg)
  "Force Start Anthy conversion system."
  (interactive "P")
  (anthy-check-agent)
  (anthy-mode-on))
(defun anthy-mode-force-off (&optional arg)
  "Force End Anthy conversion system."
  (interactive "P")
  (anthy-check-agent)
  (anthy-mode-off))
(global-set-key [henkan] 'anthy-mode-force-on)
(global-set-key [muhenkan] 'anthy-mode-force-off)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 16:07|PermalinkComments(0)

2009年06月26日

byobu(screen)の個人設定

おまじないが増えてきたのでコピペできるようにここにメモ
source /usr/share/byobu/keybindings/common                                                                                                   
escape ^Tt                                                                                                                                   
register n "^t^c"                                       #     | Goes with the F2 definition                                                  
register r "^t:source $HOME/.byobu/profile^M"           #     | Goes with F5 definition                                                      
register t "^tA^aa^k^h"                                 #     | Goes with the F8 definition                                                  
defkanji utf-8                                                                                                                               
defencoding utf-8                                                                                                                            
encoding utf-8 utf-8                                                                                                                         
shell /bin/bash                                                                                                                              
bind u encoding utf8                                                                                                                         
termcapinfo xterm-256color 'is=\E[r\E[m\E[2J\E[H\E[?7h\E[?1;4;6l' 


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 10:31|PermalinkComments(0)

2009年06月23日

extraリポジトリ@Solaris

自分メモ extraリポジトリ(https://pkg.sun.com/opensolaris/extra)はsslの認証作業が必要なため通常のリポジトリの追加方法ではエラーが出る。 https://pkg.sun.com/register/ からpenSolaris_extras.certificate.pem OpenSolaris_extras.key.pemをGet。 その後、
$ pfexec mkdir -m 0755 -p /var/pkg/ssl
$ pfexec cp -i ~/Downloads/OpenSolaris_extras.key.pem /var/pkg/ssl
$ pfexec cp -i ~/Downloads/OpenSolaris_extras.certificate.pem \
     /var/pkg/ssl
$ pfexec pkg set-authority \
   -k /var/pkg/ssl/OpenSolaris_extras.key.pem \
   -c /var/pkg/ssl/OpenSolaris_extras.certificate.pem \
   -O https://pkg.sun.com
$ pkg list -a 'pkg://extra/*'
NAME (PUBLISHER)                              VERSION         STATE      UFIX
...
system/iiim/ja/atok (extra)                   17-0.111        known      ----
system/iiim/ja/wnn8 (extra)                   8-0.111         known      ----
virtualbox (extra)                            2.2.4-0.101     known      ----
virtualbox/kernel (extra)                     2.2.4-0.101     known      ----
web/firefox/plugin/flash (extra)              10.0.22.87-0.111 known      ----


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 01:58|PermalinkComments(0)