memo

2009年12月09日

debian系ディストでクリーンインストール

今までインストールしてたパッケージの一覧を得る

> $ dpkg --get-selections >myselections

今までインストールしてたパッケージの一覧をクリーン

> $ dpkg --clear-selections

一覧からパッケージをインストール

> $ dpkg --set-selections

ネタ元 man dpkg

ついでにインストール済みパッケージに説明をつけたいときは

> dpkg --get-selections | awk '{print $1}'| env COLUMNS=256 xargs dpkg -l

さらに追記

システムを切り替えたばっかりでパッケージが足りないときの対処法はコマンドの前にauto-apt runをつける

> $ auto-apt run COMMAND

でも

> $ sudo apt-get install auto-apt

すると結構大量の依存パッケージが入るが俺の場合普通に使うコンパイル環境までついでに入るので別の意味で重宝w



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
highfrontier at 11:11|PermalinkComments(0)